mo[v]ment people

CEO
松浦 啓介

株式会社サンダーボルト・ジャパン代表取締役社長
SELECT SHOP EDEN ファウンダー

数社のアパレルOEMメーカーを経て、プロダクトコントロールを学ぶ。
コレクションブランドからファストファッションの商品まで、幅広いジャンルの商品を何千型と世に送り出す。
そのスキルを買われて、某大手SPAアパレルの新規ブランド立上げメンバーとしてスカウトされ、モノ作りから、インポート、販売までのファッショントータルビジネスを経験する。

2006年、服作りの経験を活かし友人と共に起業、自らデザイナーとしてブランドを立上げる。
その後3つのブランドのディレクターを兼任し、109MENSに出店、全国展開する。

2011年、再びモノ作りの欲求にかられ全てのブランドのディレクターを退任し、株式会社サンダーボルト・ジャパンを設立。
現在、様々な知識と経験を元にした多角的な提案のできるプロダクトメーカーとして、数々のブランドと協業している。
また、2013年にセレクトショップEDENをOPEN。全国に3店舗を構える。

CREATIVE DIRECTOR
Pigneul Michel

株式会社MARQU代表取締役社長

2000年初頭から数々のファッション紙でモデルを経て、2011年にシューズブランド『MARQUI』を立ち上げる。
翌年の2012年には株式会社MARQUIを設立、自社のオリジナルブランド『MARQUI』や他社ブランドのOEMシューズメーカーとして事業を広げる。

自身も大手ブランドのディレクション契約を結び活動範囲を広げ2015年、bobby、松浦とともにmo[v]mentを立ち上げる。
パターンからデザインまで全てのプロダクトのディレクションを担う。

PRESS MEDIA CHIEF
大石 一聡 bobby

2003年の当時18歳の時、ストリート雑誌「men’s egg」のストリートスナップにて路上スカウトされ、雑誌モデルとしてデビュー。
雑誌デビューを皮切りに、20歳にはアパレルブランド「BUFFALO BOBS」のイメージモデルに起用され、2007年には109MEN’館のビルボードイメージモデルとして4回連続1年間起用され、自身が発足したアパレルブランド「KILLER TREASURE」、「K.T NANAI STANDARD」も展開。

2009年に「TOKYO GIRL’S COLLECTION」の姉妹イベントである「SHIBUYA GIRL’S COLLECTION」にモデルとしても出演。
その後、SONYからmen’s egg専属モデルにて発足されたユニット「PlayZ」のリーダーとして兼任。
初回miniアルバムでは、1万5千枚を売り上げた。

2010年に自身のブランドをたたみ、所属会社を退社。
その後に、「SHIBUYA GIRL’S COLLECTION」を運営していた株式会社T−Gardenに入社。
そこで、ネットビジネスについて勉強をする。
2012年に「men’s egg」の専属モデルを引退し、所属している株式会社T−Gardenで裏方としてマネージメント業などに専念。

アパレル・ネットビジネスの知恵を活かし、「mo[v]ment」では、プロモーション展開を担っている。